FC2ブログ

IWASE WIND ENSEMBLE

神奈川県鎌倉市にある、中学生による吹奏楽団のホームページです。 内容は殆どバンドディレクターの徒然ですが、活動予定や活動の様子などもアップしていきたいと思っています。

コンクール徒然パート2

今日は選曲編です。
メンバーにはコンクール前日にも言いましたが、この曲を演奏しようとした経緯をお話しします。

選曲というのは結構重要で、メンバーの技術は勿論なんですが、一人一人の性格も思い浮かべながら考えます。
例えば、あいつはこの曲のパート譜を渡した時に、どんな顔をしてどんな気持ちで練習していくのかなぁ、とか、ですね。何と言っても同じ曲を何ヵ月も練習するわけですからね。

最初は10曲ほど候補を考えました。そして1ヶ月考えて5曲にしぼりました。そこでアレンジは全くなくなりました。ちなみに邦人作品は最初から考えに無かったですね。さらに3曲にした時点で部員に曲を紹介して、機会があれば曲を聞くように勧めて反応をみました。
先生、あの曲はイマイチじゃないですか? 出だしが⚪⚪からはキツイです~。 あの曲だったらソロは誰が吹くんですか?
等々、質問や意見、泣き言?が寄せられました。

そして最終的に、吹奏楽界の大御所であるA.リードが初めて手がけた吹奏楽のオリジナルでのラテン、第二組曲に決めました。やはり王道でいこう、コンクールのための選曲ではなく、この子達には吹奏楽の楽しさや面白さ、難しさや厳しさを教えていこう、と。

ソロは吹いてくれるはずだ。何より3年生16人の雰囲気にピッタリ合っている曲だ。夏休みに入ってからコンクール当日までの例年より長い期間も、この曲だったら充分にやることはある。コンクールでも岩中吹部の魅せる演奏ができる。(←これには実は布石を打ちました。ウインターフェスティバルの岩瀬SPメドレーです。)

メンバー全員が、この曲を好きになってくれたとは思いません。でもメンバー全員が一つになって、この曲を横須賀芸術劇場に響かせたこと、これは間違いありません!

コンクール徒然パート1

今日は練習編です。

去年のある時期から取り入れた、朝練の10分間ロングトーン、合歓のデイリートレーニングの改良版、チューナーを使わないチューニング。

今までの岩瀬中の基礎合奏練習メニューとは、かなり変革しました。

以前のメニューが全く無意味なものでは決してありません。ただバンドの編成や実力、欠けているもの、そして今後の目指すサウンド等を総合して練習メニューを決めていきました。

感謝の気持ちで一杯です!

今日は県南吹奏楽コンクールでした。
わが岩中吹部も参加しました。

どの学校も日頃の練習の成果を発揮すべく、素晴らしい演奏を披露したと思います。

そんな中、二組を演奏した我々は、金賞をいただくことができました。
本当に部員達は頑張りましたね!

でも忘れてはいけないのは、そのお陰様になっている様々な感謝です。

楽器を演奏できることに始まって、練習できる場所があること、教えてくれる人がボランティアで来てくれること、足りない楽器を貸してくれること、お弁当を作ってくれること、体調管理に気を付けてくれること、励ましの言葉やメッセージを送ってくれること。

他にもたくさんあります。

それらを忘れては楽器を演奏する資格はありません!

おめでたい日ではありますが、こういう日だからこそ、再確認しましょうね。

でもみんな、今日は本当に頑張ったね。
本当におめでとう!!
そしてありがとう!!

いよいよ明日になりました

明日はコンクール。
横須賀芸術劇場に岩中吹部のサウンドを響かせようじゃないか!

今まで練習してきたことを、全て出しきろう!

そしてステージに残すのは、悔いではなく、みんなの気持ち良い笑顔!

お客さんが岩中の演奏をもう一度聴きたい、という演奏をしよう!

仲間を信頼して

一つの事を集団で成し遂げようとする時に、仲間を認めなかったり信頼できなかったら、決して納得できる成果は得られません。
(もちろん、それに見合う実力も必要ですが)
みんな、仲間を認めつつ信頼して演奏していますか?

明日はコンクール前、最後の練習です。
自分がどんな気持ちで合奏に参加しているのかを、ぜひとも確認してみてください。



祝!3333HITです!

たくさんのご訪問ありがとうございます。
この徒然もカウンターが3333という縁起が良い数になりました。

さて今日は昨日のホール練習の疲れをとるために、午後からの練習でした。
大したことはできませんでしたが、テンポの確認と、4の冒頭部分の音形の確認が出来たのは良かったです。

ガッツリ練習できるのは、明日だけです。今日のミーティングで言ったことを、しっかりと認識して臨みましょう!

今日はホール練習でした。そして…。

今日は栄公会堂をお借りして、ホールで練習しました。
もちろんコンクールの曲練習が中心になりました。
音楽室や体育館では全くわからなかったことが、ホール練習では浮き彫りになります。
今日もいくつかのことがわかりました。
明日からの3日間につながる、有意義な時間でした。

1年生もなかなか頑張っていましたね。

そして部員諸君、忘れてはいけません!
お休みなのに車を出していただいた保護者の方々、的確なアドバイスをいただいたI氏、S氏、
当日みんなが緊張しないように客席に来て下さった保護者の方々、栄公会堂の方々。
そして番外、昨日電話で鍵盤の配置をアドバイスしてくれた、俺の⚪⚪⚪の?氏。
忘れてはいけないのは何だかわかるよね。

実はこれが去年の宿題の答え。
常にこの気持ちを持てなければ、楽器を演奏する資格はないな。

明日は午後からです。
しばし休憩して鋭気を養ってくださいね。

2回目の体育館練習

今日は2回目の体育館練習でした。
予想外の訪問者?に邪魔をされる場面もありましたが、我々の演奏を聴きに飛んできてくれたんですかね。

練習は予定の内容をやることはできました。
明日の午前中はGdurのピッチや、最終拍の感じ方などを各パートで確認しないといけないな。
しかし今頃になってリズムを間違って演奏するやつには呆れたな。

明日の午後は体育館練習

マネキンは血が通っている人間とは全く違います。

②はラテン。血の匂いをプンプンさせた人種の音楽です。

コンクールのステージで、どうしたいの? いや。どんな演奏をしなければいけないのか。

全パートまだまだ甘い!!!

今日の合奏でわかるよね。

まだまだ甘い部分が大有り!

指揮棒を一時持ちましたが、あくまでも一時です。

一昨日に落ちてから、少しだけ戻りましたが、俺は以前の状態では全くありません。

今日の棒はリハビリですね。

明日はどんな練習になるのかな?

今日もBDは小学生の大太鼓だったろ。
いったいパート内で何をやっているんだか‼

 | HOME |  OLD >>

Calendar

« | 2015-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -