FC2ブログ

IWASE WIND ENSEMBLE

神奈川県鎌倉市にある、中学生による吹奏楽団のホームページです。 内容は殆どバンドディレクターの徒然ですが、活動予定や活動の様子などもアップしていきたいと思っています。

4日間でも…

いやぁ、曲数が多いですね。
3本の本番のプログラムをホワイトボードに書き出しましたが、変な話しですが曲数の多さに少し驚きです。

まぁ今までやったことがある曲も演奏するとは言え、それにしても盛りだくさんです。

正直言ってどこまで仕上がるか、だね。

そしてたった4日間ながら、ブランクを感じました。お盆休みが心配です。

今日、ある一人の部員から手紙をもらいました。その中に「一人ひとりの音が、いつも以上に活き活きとしていたと思います」と書かれていて、さらに「みんなが演奏後には、楽しかったと言える本番でした。色々な人にお世話になったおかげなので、感謝の気持ちを忘れず、今回のコンクールのような楽しかったと思える演奏を増やしていけるように、岩中吹部の一員として頑張っていきます。」と、書かれていました。

嬉しかったですね。俺たち岩中吹部がめざしている音楽とは。を、まさに代弁してくれています。

余談ですが、
俺が高校1年入学と同時に吹奏楽部の顧問が変わりました。その年のコンクールは銅賞でした。翌年2年生になり金賞をいただきました。
その年に3年生が引退してから執行部が変わり、俺は学指揮になりました。顧問の先生に呼ばれ「なぁ松浦よ、俺はこのバンドをコンクールバンドのままにしておくつもりは全くないんだ。お前達が3年になった年に演奏会をやらないか?」
ビックリしました。最初は反対しました。でも練習の進め方や先生の話を聞いていくうちに、自然とこれが本当の音楽の楽しみかたじゃないのかな?と、思ってきました。
練習は厳しかったしプログラムもヘビーでした。(興味があれば法政二高吹奏楽部のHPにアクセスし、演奏会のページから第一回定期演奏会をみてください)
並行してコンクールの練習もしなければいけません。
演奏の面で部員同士でぶつかったこともありました。3年生は13人しかいなかったんですが。
でもコンクールでは金賞をいただくことができました。(そう言えばどっかの学校に似てませんか)
紆余曲折ありましたが、演奏会も無事に終える事ができました。

コンクール総括です

急にだったので、そろそろ禁断症状がでてきました。
明日からだと思って、今日までしっかり充電します。

我々には失うものは何もない。
と、言ったことを覚えていますか?
練習期間から本番のステージまで、得たものばかりです。

去年、5人の2年生がコンクールのステージにのることができませんでした。
正直本当に辛かった。
自分で出した結論とは言え、本当にこれで良かったんだろうか、とすごく悩みました。
去年のコンクールが終わった段階で、来年出るんだったら絶対Aに出よう、と決意しました。自由曲も殆ど決めていました。

1年生の入部が少なかったのは、誤算でしたね。

練習も課題曲と自由曲の2曲をやらなければいけないし、アルメニアンダンスはB部門では演奏できないほどのグレードが高い曲です。ここ3年間の自由曲では最も難しい曲でした。

参加人数制約にはひっかかっていませんでしたが、それでもA部門にチャレンジしたことは、今後の岩中吹部にとってもすごく意味があることです。

参加人数制約が規約にできてから、今までその規約によってA部門に出場した中学校が、葉山、玉縄、久木、そして今年の武山。それぞれの学校が乗り越えられなかった壁。
それを制約で出場したのではない君たちは立派に越えた!
同じ賞をいただいた学校の中には、たびたび県大会へ出場している学校も。そんな学校と肩を並べたという事実に誇りを持ってほしいと思います!
詳しくは明日学校で。

コンクールの練習とステージで学んだ事を、しっかりと今後の活動に役立てていきましょう❗

コーチ氏、心あたたまるコメントをありがとうございました!本当にいろんな面でのサポートが部員の力になりました。JPCまでも付き合ってもらったりして。これからもよろしくお願いします🎵 しばらくはN中の方、頑張ってください!

コンクール徒然Part3

コンクール徒然も今日で最後にします。
今日は当日編です。

朝、学校に集まった時に、顔色が良くない部員が3人ほどいましたので声をかけたところ、大丈夫です、との返事でしたので、とりあえず予定通りに音出しをして合奏をしました。
パートによっては少しプレッシャーを与えてしまった結果になったかもしれません。

積み込みもスムーズに終わり、少し早めに学校を出られましたが、バスが混んでいて芸劇には予定通りの到着になりました。3人も大丈夫そうで安心しました。

先発していた1年生と合流して楽器をおろしてチューニング室へ。
ここでも予定通りのメニューをこなしました。みんな少し緊張している様子だったので、予定外のメニューを一つだけ入れました。

舞台袖に移動しPerc.セクションと合流です。
すでに楽器はステージにセッティングされて、メンバー同士が互いに健闘を誓いあっていました。Timp.のチューニングがステージで出来たのは1番の特権ですね。

いよいよステージにあがりました。
1番なのでアナウンスまでに少し時間があり、緊張するのではなく、落ち着く余裕があったように思います。一通り見回しましたが、殆どが笑顔で準備していましたからね。

課題曲が始まりました。
頭からBのテンポは特に問題なかったと思います。Dのそれぞれのソロもみんな上手く吹けました。ただCl.の入りが強かったかな。
フェルマータは2回目のピッチがもったいなかったかもね。その後はテンポに乗ってF後半やIのバランスも良く、Trb.のグリッサンド、最後のBDも決まり無事に終了。

インターバルは約14秒ぐらいかな。

自由曲冒頭、決まったね。ただ30までのテンポは少し遅かったかなと指揮台では感じたんだよね。Ob.のソロ、よく立て直したな。30からはいつも通りだった。そして最後のHr.のソロ。見事だった。さすが今年の岩中吹部のスーパーエース! 八分の五もPerc.とのバランスも良く、テンポもキープされていて練習通りに演奏できたかな。ここらへんでTrp.セクションに譜面台の位置を修正する指示をあきらめて、ベルを出させるようにしました。四分の三に入りみんな完全に自分たちの演奏をしていたね。芸劇のステージを楽しんでいる表情だった。誰一人として悲壮感を持って演奏している部員はいなかった。俺はもうそれで充分!残り3分ぐらいしかないけど、突っ走ってやろうと思った。でも224に入って本当に突っ走っちゃったね。少しテンポが早かったかな。というか冒頭のゆっくりを取り戻さないと、の思いがあったのも事実です。ここまで来てタイムオーバーだけは絶対にできないからね。フリオーソからはもう岩中吹部の世界。アルメニアンダンスの総決算。最後の9小節は前で振っていても鳥肌が立ったよ。コンクールのステージでは初めての経験だったね。あの心地良い残響は、俺の中で忘れられない響きになりました。

演奏直後は時間の関係でみんなの顔を見ることは出来なかったけど、目があった何人かは本当に満足そうな笑顔が素敵でした。

明日は賞のことを含めてのコンクール総括をしたいと思います。

ハリーさん、3年間の思いを12分で表現するのは大変だったと思います。本当にご苦労様。コンクールで学んだ事をぜひ次に生かしてくださいね。

Perc.ぱーりーさん、楽器が調子を悪くしただけではなく、直前でのパート替えなどもあり、自分の練習もしながら本当に頑張ってくれました!

コンクール徒然Part2

今日は練習編です。

アルメニアンダンスを2、3年生のメンバーで最初に譜読みをした時のことを覚えていますか?
あの時はさすがに俺もガッカリでしたね。そう、出来ない事に対してではなく。
スタートでのつまずきはありましたが、何とか演奏会で卒業していった3年生達の力を借りて、形にはなりました。
しかしそこからは現役だけで仕上げなければいけません。
一つの大きな壁を乗り越えてもらいました。全曲暗譜という壁を。
これがB編成との違いかな。課題曲もありますからね。
1年生を入れてのフルメンバー44人での練習は、実質7月に入ってからでしたね。
なんと3年生に1人Perc.が加わったというサプライズもありました。
Perc.と言えば、今年はいろんな事がありました。Timp.のヘッドの全交換。マレットのひび割れ。あまりにも音痴すぎるシロフォン。本番10日前にはSDのストレーナの骨折。2日前には三台のTimp.のゲージが突然ワガママを言い出し、前日にはマレットのスイカ割り。
いやぁ、今年のPerc.は大鬼門でした。

さて課題曲ですが、アルメニアンダンスに対してはマーチじゃない方が良いだろうなということで、スケルツァンドにしました。時間的な問題もありますね。
ところがこれもやればやるほど難しい曲でした。充分B編成の自由曲になるほど、タフな曲でしたね。
ダイナミックスのバランスを調整していくのが、一番苦労したところですかね。
ゆっくりの部分でのCl.のある音の音量が気になりましたが、K氏が快く楽器を貸してくださいました。いったい何本借りたでしょう?
ありがたいですね。

Trp.2ndさん、やらかしたのは気がつかなかったなぁ、残念! そうだね、少し寂しくなるかもね。

コンマス君、昨日はたくさんの学校がステージに上がったけど、昨日のどの学校より長い時間、あのステージで演奏できた事に感謝だよね🎵 でもそんなにジブリが好きなのかい?

Trp2年さん、この曲は本当に奥が深いよね。やればやるほど次々にわいてくる、えっ!なんで?という疑問。でもお客さんの反応ほど正直なものは無いよね。

Fl.2年さん、いろんな壁があったよね。でも君たちは果敢にそれを乗り越えて来たからこそ、この曲をあのステージで演奏する権利を得られたんですよ🎵

1stTrp.さん、コンクールでワクワクで演奏できるなんて、なかなか出来るものじゃありません。でもそれが1stTrp.の特権かもしれません。

明日は最終回。当日編です。

コンクール徒然Part1

今日は選曲、出演部門編です。

選曲というのは、演奏会を企画する上でのたいへん重要な要素です。
演奏者の技量、客層、会場などを考えなくてはいけません。
コンクールでは近年、コンクール向けの曲、すなわちコンクールで良い賞を取りやすい曲を選曲する傾向にあります。
作曲者もそれ向けに意識して作曲しています。

はてさてそれが正しいかどうかは置いといて。

合奏中にも言いました。今の3年生が入部した時、どのパートも人数が揃っていました。この学年が3年になった時には、アルメニアンダンスが出来る、やろう。そしてコンクールに出たいと言って来た時には、A編成で出よう。と、心のどこかに自分の夢を叶えようとしていた俺がいたのかもしれません。

でも思いがけない誤算もありました。大事な二つのパートが抜けるという。
ただ今回、2年生がその穴を立派に埋めてくれました。

編成上、アルメニアンダンスはB部門では演奏できません。
A部門だと課題曲も演奏しなければいけない。
でも今年の課題曲は岩中吹部にピッタリだったのではないでしょうか?

スケルツァンドとアルメニアンダンス。この選曲に絶対の自信で臨んだ今年のコンクールでした。

確かに去年と比べて練習は大変でした。
でも部員諸君は本当に良く頑張りました。

今日はB部門の役員で芸劇に行ってきました。知り合いの顧問の先生方から、いきなりのA部門での銀賞ってすごいですね。と、何人かに言われました。ありがたいことです。
1曲しか仕上げないか、2曲仕上げたか。
今日の賞には全く興味はないけど、うちの部員が今日出演していないことが、少し優越感だったりして。

コメントをありがとうございました。
Fl.さん、俺もたまには笑いますよ😅
Bass.Trb.さん、訳のわからないことは勘弁してくれよ。でもみんなで壁を越えてきたのは事実だね。
Cl.2.3さん、ホント驚いた!直前まであったリードミスが皆無!集中力だね🎵

まだまだコメントをたくさん落書きしてくださいね。

公開よろしく

みなさん、それぞれ素晴らしいコメントを是非とも公開してください❗

みんなお疲れ~❗

岩中吹部のアルメニアンダンス、充分に芸劇に響き渡らせることが出来たじゃないか🎵

あんな素晴らしい立派なホールでアルメニアンダンスを演奏できて、我々は本当に恵まれています。

それも殆ど大きな事故もなく。

だから俺は大満足だな。

今日は胸が一杯でここまで…

眠れましたか?

みんな、おはよう☀

昨日はいつも通り眠れましたか?
と言っても、これを見るのはきっと夜になるよね。

ちょうど7時間後には芸劇のステージで演奏しています。

俺にもいくつか夢があります。
夢を叶えるには様々な条件や環境、時には資格なんかが整わないと実現することはできません。
実は今日のアルメニアンダンスは、そのうちの一つでもありました。
元々賞にはこだわっていないから、みんなとこの曲を演奏できるというだけで、俺はもう充分なんです。
だから今回、みんなには感謝の気持ちで一杯です。

本当にありがとう❗

いよいよです!

あんな立派で素晴らしいホールで、我々のアルメニアンダンスを聴いてもらえるなんて、本当にありがたいし幸せなことです。

俺は今からワクワクしています。
今まで練習してきたものを全て出しきって、聴いてくれている人たちにも一瞬たりとも耳をそらさないようなワクワク感を味わってもらい、演奏が終わった瞬間、もう1回聴いてみたい!と思わせる演奏をしたいですね。

コンクールという舞台で緊張はするでしょう。でも自分たちが一生懸命に練習してきたアルメニアンダンスの演奏をお客さんに届けるんだ、という強い気持ちがあれば、絶対に必要以上に緊張することはありませんよ。

しかし今日もPerc.には焦りましたね。Timp.です。
直せたから良かったですけど…。
今年はPerc.が大鬼門だね。

さてさて、明日の俺の仕事はというと……ピエロになることかな?

ホール練習が終わりました

やらかす部員がいたり、今日は気が抜けたんだか浮わついていたんだか。
の、2日間のホール練習が終わりました。
でもやはりホールでの練習は違いました。

天井の低い音楽室での練習では全く響きや音量が違って聞こえてきます。
そこを修正できましたし、全体のバランスを整えることができました。

残り1日、体調だけには気をつけないといけませんね。

 | HOME |  OLD >>

Calendar

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -