FC2ブログ

IWASE WIND ENSEMBLE

神奈川県鎌倉市にある、中学生による吹奏楽団のホームページです。 内容は殆どバンドディレクターの徒然ですが、活動予定や活動の様子などもアップしていきたいと思っています。

一応通ったものの…

元Cl.さん、コメントをありがとうございました。当日は打楽器の搬出入のお手伝い、本当に助かりました。現役たちも去年の先輩が手伝って、袖で見守っていてくれるだけで、心強かったと思います。
今年は1年生も半分がステージに載ったので、先輩達の手助けがなかったらどうしようもなかったところです。またこれがきっかけで伝統になってくれると良いですね。
本当に感謝しています❗

さてさて今日は夏祭りの5曲を譜読みしました。何とか通りましたが、通るだけでは聴いてくださる方々は満足しないことを知っているはずですね。

ただ初見でやったオーメンズがほぼほぼ通ったのには、いささか驚いたかな。
まぁ音楽会でやるとしたら、尾ひれ、背びれ、胸びれまでつけちゃうけどね。
でも個人的には千本桜も捨てがたいような…

今日から切り替えて

午前中から早速8月の岩瀬夏祭りで演奏する曲を、3年生が決めていました。

そうです、今日からは今までとは違った忙しさがやってきます。
新曲をさらわなければいけない。次から次へと本番がやってくる。1年生の曲も見ないといけない。
やることがたくさんありますね。

だからしっかりとギアチェンジをして、きたるべき本番に備えましょう!
どの本番にも重い軽いはありません。
1人でもお客さんがいてくだされば、それは立派な本番です。

充電できましたか?

学校に行かない4日間でした。
俺も3日間休みました。7月に入ってはじめての休みを満喫しました。
今週は部活漬けになりますね。
まずは夏祭りや音楽会、岩中祭の曲を決めないといけませんね。

明日はみんなどんな心構えで来るのでしょうか。
実は明日がとても大切な日なんですよ❗

Trp.2ndさん、コメントをありがとう!
本番中、ホントにニコニコしっぱなしだったね。
そうそう、みんな、コメントをよろしく❗

コンクール徒然パート3

今日は本番編です。
いよいよ当日25日を迎えたわけですが、去年と違ってみんなの表情は何となく硬い感じがしました。
そこで朝の合奏では少し和やかな雰囲気でやったつもりです。が、それが少し待機などの時間で尾を引いたようでしたね。

さてさて本番の演奏ですが、課題曲はトリオの前まで緊張が取れないようでした。トリオを過ぎたあたりから少しずつ演奏がほぐれてきた感じでした。
ミストーンやリードミス、ピッチの狂いなども前半に集中していた気がします。
終盤はテンポに乗って、普段通りの演奏が出来ていましたね。
自由曲はその影響を受けて、出だしから調子が出ていたと思います。
特に大きな事故もなく、岩中吹部らしい演奏ができたのではないでしょうか。
コメントに3rd Trb.さんが、楽しんで演奏できたことを書いてくれました。本当に良かったです。他にもどのくらいの部員がステージを楽しめたでしょうか。俺も本当に楽しめたステージでした。

ジャッジなどについては月曜日の部活で話します。
コンクール徒然は一応今日終わりにします。

コンクール徒然パート2

今日は練習編です。

この曲の練習を始めたのは結構早かったですね。ウインターフェスティバルに間に合わせなければいけませんでしたからね。
でも、あの時はピアノはありませんでした。
部員から出すのは、ただでさえ人数が少ないので、部員以外の3年生の何人かに声をかけましたが、受験勉強との両立が難しいとの回答でした。
次にある2年生に声をかけたところ、快く引き受けてくれました。
問題は木低です。1年生を起用しないといけません。それもB.Cl.はメンバーがいないのでコンバートしないといけません。
やむを得ずB.Sax.の1年生をB.Cl.にまわしました。が、なかなか頑張ってくれましたね。
他にも1年生7名は入部して3ヶ月たっていない中、本当に頑張りましたね。

さてさて入学式や体育祭、大船まつりの練習などでコンクール曲の練習がままならないことは、当然わかっていましたが、それにしても久しぶりの合奏はひどかったね。思わず「これが底だな。ここからは上げていくしかない」と言いましたね。楽器取り上げ事件の影響もあったかもね。

ただそこからはグイグイ上がっていきました。
ただ何か煮え切らないものを感じ、それが去年の3年生の幻影なのかなと。
それを払拭しようと、俺も何度か話をしたつもりなんですが、なかなかうまくいきませんでした。そんなある時、Kコーチがタイムリーなアドバイスをくれました。それを俺風にアレンジしてみんなに伝えてからは、練習もグイグイ進めていけました。
ただ残念だったのは、C.B.の1年生を直前におろさざるをえなかったことですね。
その関係で、いくつかのパートには、ホント1週間前に楽譜を変えましたね。
楽譜を変えたと言えば2ndCl.か。2日前だもんな。

とにかく今年はメンバーがいつまでも決まらない、という中での練習。
実はしんどかったね。本当に。
このパートが抜けたらどうしようか、でもそれもこのチームの運命。
そんな練習を楽しみながらの今年のコンクールだったかな。

明日は本番編です


コンクール徒然パート1

今日は選曲編です。

やはり選曲というのは難しく、その年の編成やメンバーの技量を考えながらでないといけません。
さらにA部門ですから課題曲との兼ね合いも考えていかなければいけません。
今年の課題曲は、いろいろなことを考慮すると、Ⅱしかないかなと早い時期から決めていました。にも関わらず、自由曲を絞れずにいました。
そんな時にKコーチが紹介してくださった曲が「ONE!」です。音源を聴きスコアを見て、編成やメンバーの力量、課題曲との対比を考えて、この曲にしようと思いました。
ただいくつかの壁を乗り越えなければいけないことは、覚悟の上での決断でした。
そこで曲名ではないけれど、ワンクッションはさんで、最終的に判断しようと思いました。それがウインターフェスティバルです。
でも残念ながら、その日は俺の中で決断できませんでした。表向きは違ったかもね。

でもいつまでも自分に対しても不安定ではいけないので、決めました。2月10日頃だったと思います。

しかしピアノと木低の問題だけは年度をまたぐ結果になりました。さらに補充しなければならないパートの1年生のこともありました。
ここらは明日の練習編で。

そして今日はコンクール2日目。
中学校B部門が行われました。
俺は役員で出かけました。
今回は計時係だったので、ラッキーなことに全団体を聴くことができました。
合同練習をさせていただいた南郷中や大船中も出演しました。
審査結果を聞いて、やはりコンクールは水物、ということを改めて認識しました。
そして我々岩中吹部が出演したA部門との違い、月曜日の部活で話します。

みんなお疲れ~

今日の本番、楽しめましたか?
俺は前で振っていて、とにかく楽しくて楽しくて仕方がなかったよ。
お前達と仕上げてきた「One!」あんなに良い演奏ができたんだから。

今日は胸が一杯でここまで。

続きは明日に

しばらく体をゆっくり休めて、次に備えよう❗

いよいよです❗

今からワクワクしています。
今まで練習してきたことを、思いっきりお客さんに披露し、楽しんで演奏することが、ここまでお世話になった人たちに対する、感謝の気持ちに価します。そうすれば自然にステージと客席が一体化するんですよ。
それが我々岩中吹部が目指す、良い演奏なんですね。

去年もそれができました。そして今年も出来るものと思っています。
なんと言っても岩中吹部の遺伝子を受け継いでいる部員たちですから。

明日はステージを楽しむぞ❗

ホール練習徒然

今日は生涯学習センターのホールでの練習でした。
俺も初めての場所で、なかなか難しい状況でしたが、トラックのドライバーさん、ホール箱付きの方々、センターのスタッフ、守衛の方、等々。
初めての場所でこんなにスムーズに活動できたことに、本当にありがたい気持ちで一杯です。

午前中はセッティングを変えて、バランスを聴きながら決定しました。

午後は、そのセッティングでコーチに聴いて、振ってもらいながら、最終的にいろいろな部分のバランスを確認しました。

いやぁ、有意義なホール練習でした。

語りたいことは他にもありますが、また明日❗

明日はホール練習です

明日は鎌倉生涯学習センターのホールを借りてのホール練習です。
初めて使わせていただくホールなので、俺自身も勝手がわかりませんが、最終的な仕上げをやっていきたいと思っています。
一番はバランスですが、それもいろいろなバランスがあります。
平台の前ベルとPerc.、マレットの響き、革物のチューニング等々。

明日は忙しくなりそうですね。

今日の最後の通し、コーチが早速アップしてくれました。ありがたいですね。聴いていますか?

でもいつ2音に? 驚!&笑!
ただ部員は当然気がついていたんだけど、その雰囲気もわからなかったなぁ。

 | HOME |  OLD >>

Calendar

« | 2018-07 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -